サントリー、「オールフリー」全米販売に挑む

  • 0
  • 1
米国で販売するオールフリー

サントリーホールディングス(HD)はノンアルコールビールテイスト飲料「オールフリー」を米国で本格的に拡販する。米アマゾンを通じて全米で販売するほか、大手リカーショップチェーン「トータルワイン」でも販売を開始。今後、取り扱う小売店を増やし、販売量を拡大する。月間1万ケースの販売を計画し、3―5年後に年間100万ケースの販売を目指す。

トータルワインは25州で200店舗を展開している。希望小売価格は350ミリリットル入りで2・49ドル。武蔵野ブルワリーで製造し、輸出販売するため、国内の約2倍の価格設定となる。

サントリーはオールフリーを2017年5月からロサンゼルスやサンフランシスコでテスト販売していた。米国では健康志向の高まりでノンアルコールビールの市場が拡大しており、テスト販売の動向を踏まえ、全米での販売に移行する。

日刊工業新聞2020年7月20日

関連する記事はこちら

特集