トヨタ全社の熟練工が組み立てる。「ヤリス」ベースのスポーツ車の全貌

  • 0
  • 2

トヨタ自動車は、小型車「ヤリス」をベースにしたスポーツ車「GRヤリス=写真」を9月頃に発売する。高出力タイプやスポーツ車の走りを手軽に楽しめるタイプなど、3モデルを用意。元町工場(愛知県豊田市)に専用の生産ラインを新設し、トヨタ全社から集めた熟練工が同車を組み立てる。

高出力モデルの「RZ」と競技ベースモデルの「RC」には、新開発の直列3気筒ガソリンエンジンを搭載。ターボチャージャー(過給器)付きの排気量1600ccエンジンで、卓越した走行安定性と圧倒的な加速を両立した。

エンジンフードやバックドア、ドアパネルにアルミニウム素材を使用したほか、ルーフパネルに炭素繊維強化プラスチック(CFRP)を採用。軽量化を図りつつ、優れた空力性能を実現した。

同車はウェブで先行予約を開始しており、日本と欧州で約6000台の予約を獲得したという。

日刊工業新聞2020年6月22日

関連する記事はこちら

特集