新型コロナ拡大兆候把握へ、東京都が下水採取のワケ

  • 0
  • 0

東京都は13日、新型コロナウイルス感染症の広がりを把握するための下水採取を始めた。芝浦水再生センター(東京都港区)など都内15カ所の下水処理場で下水を毎週1回程度採取して冷凍保存。日本水環境学会(東京都江東区)と連携し、採取した試料を基に分析手法を確立する。成功すれば感染実態や「第2波」など新たな拡大の兆候を把握し、深刻化する前に対策を打てる可能性がある。

世界各地で糞便(ふんべん)中に新型コロナが検出されるとの研究が報告されている。都では一定量の下水中にどの程度ウイルスが含まれるか、濃度を基に定量的に把握できる分析手法の確立を目指す。採取期間は当面、5月末までを予定する。

日刊工業新聞2020年5月14日

キーワード
新型コロナ 東京都

関連する記事はこちら

特集