開発から現地人材育成まで…NECが衛星システムを初輸出

  • 1
  • 1

NECは、住友商事からベトナム向け地球観測衛星「ロータスサット・ワン=イメージ」1機を受注した。開発から製造、地上システムの整備、現地人材育成プログラムなどを一括受注した。受注額は約200億円。衛星システムの海外向け輸出は初めてとなり、ベトナム国家宇宙センターに納入する。衛星の打ち上げは2023年を予定する。

受注した地球観測衛星は合成開口レーダー(SAR)を搭載した人工衛星。標準衛星システム「ネクスター」をベースに開発する。現在、NECが観測を継続しているレーダー観測衛星と同型機となる。

衛星の追跡・管制などを担う地上システムは、直径9メートルのパラボラアンテナや、パッケージソフトウエアをベースに開発する衛星管制センター、衛星データ処理センターなどで構成する。

一連のシステムは、ベトナム国家宇宙センターが運用するホアラック宇宙センターに設置する。衛星の打ち上げは23年、地上システムの整備は22―23年を予定する。

加えて、衛星開発プロセスに関する技術移転の研修を日本で実施するなど、ベトナム人材育成を支援し、同国の自然災害被害の監視能力向上や予測の高度化に貢献する。


<関連記事>
新型コロナに負けるな!相次ぐ展示会中止で企業が考える新たな商談手法

日刊工業新聞2020年4月27日

関連する記事はこちら

特集