プラスチック使用量を50%削減した「エコカップ」の中身

二酸化炭素排出量も20%削減

  • 0
  • 0

凸版印刷は、バイオマス素材のセルロースナノファイバー(CNF)でコーティングした原紙を使用した国内初の飲料向け紙カップ「CNFエコフラットカップ=写真」を4月にサンプル出荷する。一般的なプラスチックカップと同等のバリアー性能とコストだが、プラスチック使用量を約50%、二酸化炭素排出量は約20%削減できる。2023年度に約5億円の売り上げを目指す。CNFを使用した紙カップは固形食品向けが多かったが、フランジ加工で口部が平らになったことでふたの密閉性が向上。カップ飲料への使用が実現した。

原紙の開発では日本製紙グループとともに性能改善に取り組んだ。内側のCNF層と特殊加工を施した完全密閉構造で内容物の劣化を防ぐ。無菌充填や高温充填にも対応可能。遮光仕様もそろえている。

日刊工業新聞2020年4月1日

関連する記事はこちら

特集