ファミマがFC加盟店の支援強化!食品ロス削減で本部負担を大幅増

  • 0
  • 0

ファミリーマートは食品ロス(廃棄)を減らすため、3月1日からフランチャイズチェーン(FC)加盟店への支援を強化する。食品ロスにかかる費用の同社負担率を4区分から11区分に細分化し、きめ細かく対応できるようにする。また月の廃棄額が10万円未満だと全額加盟店負担だったが今後は本部が10%を負担する。2020年度は一連の廃棄ロス対策に20億円を投じる。(取材・丸山美和)

対象は弁当など消費期限が短い商品。本部の負担率は10%から最大25%で、廃棄額が大きいほど本部が負担する率を大きくする。月の廃棄額が50万円だった場合、これまで本部負担は12万円だったが、3月以降は12万5000円となる。

さらに、過去2年間で廃棄率を改善した加盟店に対しては改善幅に関わらず奨励金として10万円を支給する。

本来、食べられるのに捨てられてしまう食品ロスは社会問題となっている。これまで土用のうしの日のうなぎのかば焼きや恵方巻きといった季節商品を予約販売に切り替え、総菜などのパックに窒素ガスを充填して消費期限を延長した総菜などを投入し、廃棄を減らしてきた。廃棄削減に取り組む加盟店支援も強化することで、ファミリーマート全体で2030年には18年度比50%、50年には同80%の食品ロスの削減を目指す。

日刊工業新聞2020年2月21日に加筆

キーワード
ファミマ 食品ロス

関連する記事はこちら

特集