ペリテック、子ども向けプログラミング教室で女性開業支援

  • 0
  • 1
ペリテックの子ども向けプログラミング教室(イメージ)

ペリテック(群馬県高崎市、井沢年宏社長、027・328・6970)は、子ども向けプログラミング教室で、女性を対象とする開業支援事業に乗り出した。主婦が隙間時間を使いながら自宅などで気軽に教室を開けるように、開業資金の負担をなくし、生徒募集などのサポートも行う。200人程度の開業者の獲得を目指す。

ペリテックは計測システム開発などを主力事業としている。プログラミング教室に関してはこれまで、地域での社会貢献の一環として社内のシステムエンジニアらが小学生向けに実施してきた。今春から小学校でプログラミング教育が必修化されるタイミングを踏まえ、自社で行ってきたプログラミング教室のノウハウを教材としてパッケージ化。教室の開業を後押しする事業を展開していく。

開業者としての契約を想定するのは、主に子育てが一段落した主婦。教材やソフトをインストール済みのパソコンを無料で提供した後、8日間程度のウェブ研修を経て、自宅などで地域の小学3年生以上の子どもたちを対象とするプログラミング教室を開業してもらう。1人2時間1セットの教室を月1―2回の頻度で1年程度開催する。料金は1回当たり7500円で、このうち半分が教師の報酬になる仕組み。

初期投資を必要とせず、プログラミングに精通していない人でも研修によって教室の開業が可能なスキルを習得できる利点を訴求し、県内外から開業希望者を募る。開業後も、生徒の募集をはじめ同社が教室運営を全般的にサポートしていく。

日刊工業新聞2月11日

キーワード
ペリテック

関連する記事はこちら

特集