コミュニケーションロボ「パルミー」アプリ開発環境公開―ストアも10月オープン

マイクロソフト社「Visual Studio」での開発が可能

  • 0
  • 4
コミュニケーションロボット「Palmi」(パルミー)
 DMM.com(東京都渋谷区)は、ロボットキャリア事業「DMM.make ROBOTS」で販売している富士ソフトのコミュニケーションロボット「Palmi」(パルミー)の開発環境を10 月下旬より公開する。開発環境は富士ソフトが提供、マイクロソフト社の「Visual Studio」でのアプリ開発が可能になる。作成したアプリをユーザー向けに販売する「アプリストアマーケット」も10 月下旬より提供される。9月17日よりウェブサイト(http://robots.dmm.com/index_developer.html)にて開発者登録を開始した。

 開発環境公開にあたり、デベロッパー向けの支援プログラムも用意。プログラミング研修や、パルミーの短期レンタル、開発体験可能なワークプレイス提供、導入コンサルティングサービス、アプリ開発コンテスト等を順次展開していくという。

 また今後、クラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」上で日本マイクロソフトが提供する機械学習機能を活用し、「クラウド型ロボット開発」として協業を予定。同社樋口泰行会長は「これにより多くの開発者がPalmi 向けに魅力あるアプリを開発できる機会が増大すると考えている」とコメントを寄せた。

 開発環境公開によりアプリが増え、一般ユーザー向けだけでなく、法人ユーザー向けのロボット利用ニーズに対応できる可能性が広がる。

ニュースイッチオリジナル

COMMENT

昆梓紗
デジタルメディア局
記者・編集者

パルミーは高さ40センチメートルで、机の上に置いたり、一般家庭にあっても邪魔にならないちょうどいいサイズ。歌ったり踊ったりも器用にでき、ちょっとひょうきんなイメージです。アプリによってこれからどんな活躍を見せてくれるのか、楽しみです。

関連する記事はこちら

特集