JRグループが来年3月にダイヤ改正、「のぞみ」1時間に最大12本

JRグループは2020年3月14日にダイヤ改正を実施する。東海道新幹線は全車両を最高時速285キロメートルに統一してパターンダイヤを刷新。速達型「のぞみ」は1時間当たりの最大本数を現在の10本から12本に引き上げる。東北新幹線は速達型「はやぶさ」を3往復増発する。新駅は山手線・京浜東北線「高輪ゲートウェイ」、東海道線「御厨(みくりや)」、予讃線「南伊予」の3駅。新設特急では伊豆方面観光列車「サフィール踊り子」を投入する。

東海道新幹線は「のぞみ」全列車で、東京から新大阪まで2時間半以内、山陽新幹線直通の博多まで5時間以内となる。また東京発の新大阪行き最終「のぞみ」は21時24分で、現行比1分遅くなる。

空港アクセスの輸送力も増強する。新千歳空港と札幌方面を結ぶ快速「エアポート」で現在の毎時4本を5本に増発。関西空港と大阪方面を結ぶ特急「はるか」は全列車を9両編成化し、仙台空港アクセス線でも2両編成車を4両に増結する。

日刊工業新聞12月16日

キーワード
JR 東海道新幹線

関連する記事はこちら

特集