カマンベールチーズと認知症のある関係が明らかに?

桜美林大学、東京都健康長寿医療センター、明治の共同研究チームは軽度認知症障害の高齢者が白かび発酵チーズ(カマンベールチーズ)の摂取により、認知機能と関連があるとされる脳由来神経栄養因子(BDNF)を上昇させることを確認した。これまで認知症予防効果を示す基礎研究はあったが、ヒトを対象にした試験で予防可能性を示した研究成果は初めて。

試験は東京都に居住する70歳以上の高齢女性689人のうち軽度認知障害と判断された71人を対象に実施。無作為に2群に分け、一方はカマンベールチーズを1日2ピース摂取し、もう一方はプロセスチーズをそれぞれ3カ月間摂取した。血中BDNFの濃度を測定し比較したところ、カマンベールチーズを摂取した群の濃度が有意に高い値を示し、上昇作用を確認できた。

BDNFはうつ病やアルツハイマー型認知症など認知機能との関連性が報告される神経栄養因子の一つ。加齢とともに認知症でも低下が報告されている。

日刊工業新聞2019年11月19日

関連する記事はこちら

特集