セイコーから、女性向けのGPS搭載ソーラーウオッチが登場

 セイコーウオッチ(東京都中央区、高橋修司社長、03・3564・2111)は、全地球測位システム(GPS)搭載のソーラーウオッチ「セイコー アストロン」ブランドから初の女性用「3Xシリーズ=写真」を11月9日に発売する。ケース径39・8ミリメートルはGPSソーラーウオッチで世界最小。全3色で、価格は23万―24万円(消費税抜き)。

 ムーブメント(駆動装置)に新設計の薄型衛星電波受信アンテナを採用。時計本来の性能に絞ることでケースを小型化した。主に旅行好きや海外で生活する人に訴求する。

 クオーツウオッチ「クオーツ アストロン」の誕生50周年を記念して、同製品の特徴を踏まえながら女性用のデザインを考案した。工具を使わずにバンドを交換できる「簡易チェンジャブルストラップ」を採用、レザーとシリコンの2種類のバンドを楽しめる。

関連する記事はこちら

特集