ボストン・ダイナミクスの人型ロボ、今度は360度ジャンプを披露!

体操選手並みの躍動感

 ソフトバンク・グループ傘下の米ロボット企業、ボストン・ダイナミクスは、人型ロボット「アトラス」が体操選手のように躍動する新しい動画をyoutube上で公開した。



 アトラスは両手をついて見事な倒立前転や両足を開いてジャンプなどをした後、最後はジャンプして体を360度回転させる“大技”を披露。さらに磨きのかかった見事なボディバランスを見せた。

倒立前転を決めるアトラス(youtubeより)

 以前は“バク宙”を披露したり、台の上に片足で飛び乗るなど、ボストン・ダイナミクスはアトラスのバージョンがアップするたびに動画を公開してきた。アトラス自体は3Dプリントされたパーツを使用することで、重量約80キログラムと軽量さと強度を両立させ、アクロバティックな動きを可能にしている。

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。