ソフトバンクが新たなロボット事業、建設現場に四足歩行型

竹中工務店などと都内で実証、2019年夏以降に導入

  • 1
  • 3
SpotMini(スポットミニ)
 竹中工務店、ソフトバンクロボティクス(東京都港区)、ソフトバンクの3社は25日、米ボストン・ダイナミクスの四足歩行型ロボット「SpotMini(スポットミニ)」を建設現場で活用するため、実証実験を行ったと発表した。建設現場の担い手不足が課題となる中、現場でのロボット活用の効果を検証し、生産性向上や業務効率化につなげる。

 フジタも同日、都内の建築現場でソフトバンクロボティクス、ソフトバンクと実証実験を行ったと公表。いずれも2019年夏以降の本格導入を目指す。

 竹中工務店など3社は横浜の作業所で実証実験を行った。建設現場において、スポットミニを巡回や進捗(しんちょく)管理、安全点検の業務に活用できるか検証。現場での活用に向けデータを収集し、センサーやカメラを含むハード技術、制御用ソフトのモジュールを開発する。ボストン・ダイナミクスは先進的ロボットの開発を手がけ、ソフトバンクグループが買収した。

日刊工業新聞2018年6月26日

COMMENT

葭本隆太
デジタルメディア局
ニュースイッチ編集長

2017年7月のソフトバンクワールドにて、実物が動く様子を拝見し、その滑らかな動きに驚きました。実際の現場でどのように活躍するか注目です。

関連する記事はこちら

特集