三菱ケミが豚の鳴き声で健康管理、AI駆使し病気を早期発見

  • 4
  • 4
豚の鳴き声をAIで学習し健康状態を検知するシステムを開発する(同社発表資料から)
 三菱ケミカルホールディングス(HD)は、豚の鳴き声を人工知能(AI)で学習し、健康状態を検知するシステムの共同研究を始めた。畜産業務の熟練者と同等以上の水準で、呼吸器系疾病の兆しや母豚の発情兆候の早期検知、哺乳回数の測定を目指す。将来の食糧難をにらみ、畜産業務を効率化するソリューションを開発する。

 養豚場では清掃などの業務をしながら豚の様子を見ており、異常の発見には個人差があり、発見が遅れることもある。同研究では、豚の鳴き声は鳥や牛に比べ特徴的なことに着目。例えば、罹患(りかん)した豚を早期に隔離すれば、感染拡大を防げる。

 産業技術総合研究所発ベンチャー企業のHmcomm(エイチエムコム、東京都港区)と宮崎大学と共同研究する。同大学の牧場(住吉フィールド、宮崎市)などで豚の音声を収集。エイチエムコムの異音検知プラットフォーム「FAST―D」を活用し、音声をAIに学習させ、検知システムを構築する。また熟練者の行動データも収集する。

日刊工業新聞2019年9月6日

関連する記事はこちら

特集