違約金1000円は安い?大手3社で初、KDDIの新プラン 

  • 0
  • 0
新プランをアピールする高橋誠社長(左から2人目)と俳優陣
 KDDIは28日、携帯電話の2年契約を途中解約する場合の違約金を1000円に抑えた新たな料金プランを発表した。総務省が10月に導入する携帯電話料金の新たな規制に携帯大手で初めて対応した。新プランはデータ容量無制限の使い放題で、米動画配信大手のネットフリックスのコンテンツ視聴料を組み込んだ。

 新プランは9月13日から提供する。固定インターネット回線の契約と、家族2人以上の携帯電話回線の契約などを条件に、月額5880円(消費税抜き)で提供する。他の通信端末をインターネットに接続する機能「テザリング」は月2ギガバイトが上限となる。

 KDDIやNTTドコモ、ソフトバンクの携帯電話大手は現在、携帯電話の契約を途中解約する際の違約金を9500円に設定している。高額な違約金による利用者の囲い込みにつながるとして、総務省は違約金を1000円とするルールをまとめ、10月に導入する。

 これにいち早く対応したプランを発表したKDDIは「違約金1000円」を他のプランに適用する予定について「検討中」(広報部)としている。

日刊工業新聞2019年8月29日

関連する記事はこちら

特集