特殊詐欺犯は“呼び出す前”に撃退!

警告の仕方をひと工夫

 東芝エルイートレーディング(東京都千代田区、関根優一社長、03・6370・7620)は、電話線で電話機に接続するだけで自動録音機能を利用できる防犯用電話自動応答録音アダプター「TY―REC2=写真右」を9月初旬に発売する。振り込め詐欺などの特殊詐欺を防止するため、着信があると電話をかけてきた相手に自動応答メッセージで録音していることを事前に警告する。想定価格は1万円前後(消費税抜き)。

 呼び出し音の前に必ず自動応答メッセージを流すことで、特殊詐欺犯がすぐに電話を切りやすい状況を作る。受話器を取ると自動で録音を始めて、通話が終了すると録音も終わる。従来機種の「TY―REC1」と比較して、録音時間を3倍の約60分に延長した。最大件数は30件で、1件につき最大約30分の録音ができる。

 大きさは幅115ミリ×奥行き70ミリ×高さ30ミリメートル、重さは約105グラム。付属のケーブルで、モジュラーと電話機の間に接続するだけで利用できる。電話工事は不要で、電話機の設定を変えずにファクスやナンバーディスプレーなどの機能を利用できる。

日刊工業新聞2019年8月21日

国広 伽奈子

国広 伽奈子
08月22日
この記事のファシリテーター

従来製品では呼び出し音が鳴ってから自動応答メッセージを流していたとのこと。ひと工夫ですが効果は大きそうです。19年の特殊詐欺の認知件数や被害額は前年よりも少ないようですが、油断は禁物です。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。