ガソリン、昨年お盆より7円安。帰省・旅の負担が少し和らぐ

 夏休みの行楽シーズンが本格化し、お盆を控える中、ガソリン価格が下落している。資源エネルギー庁が7日公表したレギュラーガソリン1リットル当たりの店頭価格(5日時点)は全国平均で145円50銭。価格が高騰し懐が痛んだ昨年のお盆前に比べて7円近く値下がりしており、今週末からの3連休を挟み、車で帰省や旅行に出掛ける人には負担が少々和らぎそうだ。

 横浜市に住む30代の男性会社員は、昨年のお盆に新幹線を利用して大阪に帰省。今年は車に戻すつもりだが、車を購入した4年前の秋のレギュラー価格は130円台で推移しており、「まだ安いとは思わない。不要な外出は減らす」と話す。

 昨年のお盆シーズンのガソリン価格は152円10銭で、今年は約5%安いことになる。今週は33都道府県で値下がりし、下げ幅は滋賀(2・2円)、愛知と富山(各0・9円)、北海道と青森と山口(各0・7円)が目立った。秋田、熊本など8県は横ばいで、福島、石川を含む6県では値上がりした。

日刊工業新聞2019年8月8日

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。