パナソニック、全国約8000店舗の系列店を改革へ

顧客若返り狙う

  • 1
  • 13
顧客層の若返りを図る(パナソニックショップ)
 パナソニックは3日、2025年をめどに全国の約8000店舗ある同社系列店で若年層の取り込みを狙った新サービスを展開すると発表した。従来は60代以上の消費者が主要顧客だったが、家電の販売以外のサービスも充実させ、30―40代のファミリー層といった新規顧客を獲得する。系列店を介した新しいビジネスモデルの構築を目指す。

 同社系列店「パナソニックショップ」で順次、新サービスを広めていく。取り組みは現在、神奈川県藤沢市の店舗「パナソニック・クラシンク」で実証中。家電のレンタル事業や、家電以外の住宅分野といったパナソニックが手がける事業も提案。「ブランドショップ」と呼ぶ構想に基づき、収益力向上を図る。異業種との連携も進める。

 同社の家電事業における国内売上高は約1兆円。うちパナソニックショップからの売り上げは約2割を占める。ショップ経営者の高齢化も進むなか、事業承継を支援する体制も整備する。

<関連記事>
数少ない白熱電球メーカー、100余年の生産に幕

日刊工業新聞2019年7月4日

関連する記事はこちら

特集