アジア太平洋での車カラートレンドは何色?

  • 0
  • 0
 独BASFは、2019―20年の自動車カラートレンド予測を発表し、アジア太平洋地域のキーカラーに白みがかったメタリック「フルイドメタル」をあげた。

 同社は、デジタル変革や多面的なライフスタイルなどの社会変化に向けて、積極的な姿勢で未来を形作ることへの欲求が自動車のカラートレンドにも反映されると予想した。

 これをもとにカラートレンドを予想し、アジアは白みがかったメタリックや複雑で温かみのある色を想定する。

 欧州や中東、アフリカ地域は、社会的なしきたりの変化を受けて、より珍しいバイオレットメタリックをキーカラーとした。

 北米のキーカラーはより複雑であり、濃いめのグレーと緑が混じり合った「コンフレイショングリーン」とした。

<関連記事>
世界規模で「赤色」不足のなぜ?

日刊工業新聞2019年6月28日

COMMENT

昆梓紗
デジタルメディア局
記者・編集者

「積極的な姿勢で未来を形作ることへの欲求」の表れ…選ぶ車のカラーで欲求が表れるとはちょっとドキドキですね。

関連する記事はこちら

特集