日本製紙の紙製ストロー、飲食業界で初採用!

ゼットン店舗向け

 日本製紙の紙製ストローが、外食チェーン店を展開するゼットン(東京都港区)の複数店舗に採用された。飲食業界で日本製紙の紙製ストローが採用されるのは初めて。ゼットンは中期事業計画で「サステナビリティへの取り組み」として使い捨てプラスチックの廃止を定めており、日本製紙の国産品で機能性・安全性を追求した紙製ストローの採用決定に至った。

 日本製紙の紙製ストローは、口当たりの良さや、2時間以上の連続使用でも機能性を損なわない高い耐久性が特徴。生分解性に優れた機能を有する紙を使用した。4月から販売を開始し、市場動向に応じて受注対応している。

 ゼットンが葛西臨海公園(東京都江戸川区)内で運営する「パークライフ・カフェ&レストラン」など複数店舗で採用される。日本製紙とゼットンは、採用店舗を紙製ストローの実証店舗に位置付け、顧客に使用感に関するアンケートを実施する。この検証を元に、全店導入に向けた検討や紙製ストローの認知向上を図る。

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。