「いいね!」を集めてATMから現金を引き出すサービスが始まる

セブン銀傘下の企業、SNSポップルと提携

 セブン銀行傘下のセブン・ペイメントサービス(東京都千代田区)は29日、消費者が会員制交流サイト(SNS)で獲得した「いいね!」を現金として同行のATMで引き出せるサービスを始めると発表した。SNS「ポップル」を手がけるリクポ(東京都渋谷区)と提携して実施する。現金の引き出しはセブン銀口座がなくても行える。セブン・ペイメントはリクポから手数料を得る。

 ポップルの利用者は他の人が投稿した動画や写真にいいね!をしても、他人からされても1円をもらえる。500円分がたまると引き出し可能になる。リクポは広告などで収益を確保する。

 同日都内で会見したセブン・ペイメントの和田哲士社長は「銀行口座を使わずに商材を提供する事業者は多くいる。そういう方々とセブン銀がお付き合いするきっかけになれば」と述べた。

日刊工業新聞2019年5月30日(金融・商況)

関連する記事はこちら

特集