アフリカ象よりも高い!巨大ロボを限定40人が操縦できるぞ

ロケットランチャーにアイアンクローとギミック満載!

  • 5
  • 9
メガボッツのアイアングローリー(プレスリリースから)
 2017年10月に開かれた恐らくは世界初の有人ロボット同士の対戦を覚えているだろうか。水道橋重工の「クラタス」と米メガボッツのロボット。ラリアットやチェーンソー、さらには弾幕と、4メートルを超す巨人同士の日米決戦はネットの話題を大いにさらった。



 あれから1年半。東京・青海のお台場特設会場で18、19日に開催されるエクストリームスポーツとストリートカルチャー、音楽を融合した祭典「CHIMERA GAMES VOL.7」にメガボッツの巨大ロボットが登場する。全高約4・5メートルとアフリカ象より1メートル以上高い。実際に人が乗り込んで操縦でき、砲弾サイズのペイントボールを時速190キロメートル以上の速さで発射する。さらに握力3000ポンドの巨大な爪が装着されており、中2心を揺るがすギミックが満載。
 
 イベント当日は抽選で限定40人がロボットに乗り込み、パイロットとして操縦できるという。いつかは巨大ロボットを操縦してみたいと思い続けていた人には絶好のチャンスだ。
        


COMMENT

小川淳
デジタルメディア局
編集部部長

ATより高く、レイバーより低いくらいの全高。乗り心地は分かりませんが、コックピットの中からの眺めはしびれそうです。

関連する記事はこちら

特集