中国減速も、トヨタがグループ挙げて電動化技術をアピール

上海モーターショー、新型EVを披露

 トヨタ自動車グループ各社は16日開幕の「上海国際モーターショー2019」で、電動化や自動運転をテーマに出展する。

 トヨタの新型EVのほか、デンソーは画像認識技術や視線検知技術を生かしたドライバーステータスモニター、ヘッドアップディスプレーなどを展示。アイシン精機は燃費向上につながるエンジン冷却用電動ウオーターポンプや自動運転向け車両運動統合制御技術などを紹介する。デンソーとアイシンは電動化関連の共同出資会社「BluE Nexus(ブルーイー ネクサス)」でも出展し、電動車の駆動モジュールも展示する予定だ。

 ジェイテクトは環境対応技術をいかした電動パワーステアリングなどを、トヨタ紡織は眠気や感情を推定するシートなどを展示する。

 豊田合成はカメラやライダーといったセンサーを組み込んだラジエーターグリル、次世代コックピットなどを紹介する。

 中国経済は現在、減速感が漂っているが、中長期的に見れば成長市場。各社は積極的な提案で需要を取り込む考えだ。

日刊工業新聞2019年4月16日(自動車・輸送機)

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。