金麦(ゴールド・ラガー)が大ヒット!販売目標を3割増

ビールに近い本格的な味わい、サントリーが強気の上方修正

  • 0
  • 0
金麦(ゴールド・ラガー)
 サントリービールは9日、第三のビール「金麦〈ゴールド・ラガー〉」の2019年の販売目標を当初計画の約3割増となる440万ケース(1ケースは大瓶20本換算)に引き上げたと発表した。2月5日に発売し、3月末までの販売数量は202万ケースと当初計画の約6割に達した。

 ゴールド・ラガーはビールに近い本格的な味わいに仕上げた。うま味成分を多く含む麦芽を使い、「本格二段仕込製法」により、強いコクと飲み応えが特徴。当初計画を340万ケースに設定したが、販売が想定以上に好調となり、年間計画の上方修正することにした。

日刊工業新聞2019年4月10日(医療・健康・食品 )

関連する記事はこちら

特集