南海電鉄が撤退!レジャー施設「みさき公園」存続の危機

今後の運営は地元と協議

みさき公園公式ページ
 南海電気鉄道は2020年3月末にレジャー施設「みさき公園」(大阪府岬町)の運営から撤退する。同施設は動物園と遊園地を併設した総合遊園地として1957年に開園。89年度には年間来場者数が約72万人を記録したが、17年度は半分の約36万人にまで減少。レジャーの多様化により同公園事業では営業損益の赤字が続き、事業継続が困難と判断した。
 今後の運営については地元自治体などと協議する。

2019年04月08日

関連する記事はこちら

FEATURE