介護用1人乗り電動車、東京観光の切り札に!?

NTTドコモなど実証実験

 NTTドコモ、三菱地所、三菱地所設計、テムザック(福岡県宗像市)の4社は18日、東京・丸の内エリアで次世代スマートモビリティー「RODEM」を使用した観光案内などの公道実証実験を始めたと発表した。1人乗りで簡単に近距離移動ができるテムザックのRODEMに、ドコモの音声通信や拡張現実(AR)、人工知能(AI)技術を搭載し、観光客に丸の内の歴史建物案内やレストラン情報などを提供。新サービスの可能性を探る。

 実証実験期間は22日まで。三菱地所は実験を通じ、丸の内の先進的なイメージが高まると見ている。利用者の観光客はRODEMに無料試乗して歴史建物めぐりツアー、キッチンカーのキャッシュレス体験、仲通りの自由回遊ができる。テムザックは介護用に開発したRODEMのその他の可能性を探ってきた。8時間充電で15キロメートル走行でき、スマートフォンを通じた遠隔操縦も可能。テムザックの高本陽一社長は「一人ひとりが好きな場所に行ける公共の乗り物を普及させたい」としている。

日刊工業新聞2019年3月19日

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。