「GAFA」でアップル独り負け、4強の一角は崩れるか

10―12月期業績、中国減速が直撃

  • 1
  • 20
 米国を代表する巨大IT企業4社“GAFA”の2018年10―12月期決算が4日(現地時間)出そろった。米中貿易戦争と中国経済の減速を受け、アップルが9四半期ぶりの減収減益だった一方、グーグル、フェイスブック、アマゾン・ドット・コムの3社は売上高が過去最高を更新した。広告収入やインターネット通信販売などが好調だった3社に対し、アップルはハードのスマートフォンの販売不振が響いた形だ。

 アップルの18年10―12月期は、売上高の2割弱を占める中国向けスマホ「iPhone(アイフォーン)」の販売が前年同期比27%減と大幅に減少。同期の総売上高は同4・5%減の843億1000万ドル(約9兆2700億円)、純利益も同0・5%減の199億6500万ドル(約2兆2000億円)と減収減益に沈んだ。

 一方、グーグルの親会社アルファベットが4日発表した18年10―12月期は、売上高が同22%増の392億7600万ドル(約4兆3200億円)、純利益が89億4800万ドル(約9840億円)の黒字で、米税制改革に伴う費用計上で赤字だった前年同期から黒字転換した。売上高の8割超を占める広告事業が同20%増と好調だった。

 フェイスブックは売上高が同30%増の169億1400万ドル(約1兆8600億円)、純利益は同61%増の68億8200万ドル(約7570億円)と、売上高・利益ともに過去最高。好調な広告収入が収益を押し上げた。

 アマゾン・ドット・コムは売上高が同20%増の723億8300万ドル(約7兆9600億円)、純利益が同63%増の30億2700万ドル(約3330億円)と、同社も売上高・利益とも過去最高を更新。年末商戦が好調で、ネット通販が大幅な増収増益をもたらした。

日刊工業新聞2019年2月6日

関連する記事はこちら

特集