日立のIoTがトヨタの工場を最適化する!

最新のソリューションをまるごと体感できるイベント、明日から

 日立製作所のデジタル技術がトヨタ自動車の生産工程を最適化する!ー。「IoTコンパス」と名付けられ、11月に販売するソリューションは、自動車工場のデータ利活用において救世主になるかもしれない。これまで溶接、塗装、組み立てなど各工程ごとに点在していたデータをデジタル空間上でつなぎ、AIや分析ツールで最適化する。トヨタの高岡工場に導入、共同実証でノウハウを積み上げてきた。今後は品質管理が厳しい精密や医療機器などの工場にも導入を目指すという。

 「IoTコンパス」を始め日立の最新ソリューションをまとめて体感できるイベント、「Hitachi Social Innovation Forum」が、18日、19日に東京国際フォーラム(東京都千代田区)で開催される。フォーラムは講演と展示の二つで構成されており、講演では18日に東原敏昭社長、19日には昨年、ノーベル経済学賞を受賞したシカゴ大学のリチャード・セイラー教授などが登壇する。

 展示ブースは、インダストリー、エネルギー、ヘルスケアなど八つにカテゴリー分けされており、約180のソリューションやサービスを紹介している。IoTのプラットフォーム(基盤)「ルマーダ」を使い顧客と“協創”しながらイノベーションをデザインするツールなども直接、体験できる。IoTに大きくかじを切って約3年。日立の「進化と真価」が見て取れるだろう。

                    

日立最大のビジネスイベント「Hitachi Social Innovation Forum」 


 開催日 10月18日(木)、19日(金)
 会場  東京国際フォーラム(東京都千代田区)
 イベント概要はこちら

ニュースイッチオリジナル

明 豊

明 豊
10月17日
この記事のファシリテーター

展示ブースに行ってきました。盛りだくさんでじっくり見るとかなりの時間がかかりますが、IoT・デジタルの最新ビジネスを知りたい方はぜひ。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。