今年上期の上場企業新社長は310人、最年少は2人の34歳

オウケイウェイヴとライフネット生命保険

 日刊工業新聞社が集計した2018年上期(1―6月掲載・発表分)の新社長一覧によると、期間中の上場会社の新社長は前年同期比26人減の310人と2年ぶりに減少した。当初掲載・発表時点での平均年齢は56・5歳で、同0・9歳若返った。10年以降、上期の新社長は305―354人で推移しており、順調に世代交代が進んでいる。

 最年少はオウケイウェイヴの松田元、ライフネット生命保険の森亮介の両氏の34歳。マツダやソニー、三菱電機、日本電産、NTT、JR東日本、JR東海などが刷新を進めた半面、不祥事や業績不振の引責での交代も目立った。最年長は栄電子の染谷英雄氏の76歳で、筆頭株主・会長の同氏が8年ぶりに社長を兼務して指揮をとる。非上場会社の上期の新社長は同3人増の255人。平均年齢は55・2歳で同0・5歳下がった。最年少は33歳、最年長は76歳だった。

日刊工業新聞2018年7月23日

明 豊

明 豊
07月23日
この記事のファシリテーター

本日の日刊工業新聞に上場企業、非上場の新社長一覧が掲載されていますのでご覧になりたい方はぜひ。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。