ダイソンの牙城を崩すか。パナソニックが吸引力2倍のスティック掃除機

大型モーターを搭載

 パナソニックは吸引力を同社従来品比2倍に高めたコードレススティック型掃除機「パワーコードレス=写真」を8月30日に発売する。業務用ロボット掃除機などに使われる大型モーターを搭載し、キャニスター掃除機と同等の出力を実現した。軽量素材で知られるセルロースファイバーを国内家電で初めて採用したことで、機能向上による重量増加を200グラムに抑えた。重量は2・5キログラム。消費税抜きの推定価格は充電台を除き7万5000円。

 同社製の大容量リチウムイオン電池を8本搭載し、ロング運転モードで充電1回当たり最大約65分運転できる。同社の推定で、2018年のコードレス充電式スティック掃除機の国内市場は260万台と、15年比約7割増を見込む。

(2018年7月23日 エレクトロニクス面)

梶原 洵子

梶原 洵子
07月23日
この記事のファシリテーター

英ダイソンは、吸引力の高い掃除機としてブランディングに成功しています。日本の家電メーカーの中で勝ち組のパナソニックが、ダイソンの牙城を崩すのか注目です。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。