販売目標を4割上方修正、“キリンレモン”が新規顧客獲得のワケ

90周年でリニューアル

  • 0
  • 0
キリンビバレッジは4月にリニューアルした炭酸飲料「キリンレモン=写真」の年間販売目標を当初比で約4割増となる500万ケースに上方修正した。発売90周年の刷新で、新パッケージやテレビCMなどが好評で20―30歳代の新規ユーザーを獲得できたという。

2018年のブランド合計の販売目標は360万ケースに設定。リニューアルで発売1週間の販売(450ミリリットルペットボトル)が1000万本を突破し、好調なスタートを切った。ブランド合計で8月中旬には目標の360万ケースに達する見込み。これを踏まえ目標を4割増に引き上げた。

リニューアルでは品質を踏襲しながら瀬戸内レモンピールエキスを加え爽やかさを高めた。

日刊工業新聞2018年7月17日

COMMENT

葭本隆太
デジタルメディア局DX編集部
ニュースイッチ編集長

キリンレモンの昔からのファンです。30度を超える夏場には余計に飲みたくなります。今回のリニューアルで新たに瀬戸内レモンピールエキスを加えたとのことですが、「人工甘味料不使用」「人工着色料不使用」「無色透明の瓶」は誕生時からのこだわりだそうです。

関連する記事はこちら

特集