40年ぶりにディスクブレーキの構造が変わった! 

曙ブレーキ工業が開発、来年から量産へ

 曙ブレーキ工業は13日、新たな構造のディスクブレーキ「新構造ブレーキキャリパー」を開発したと発表した。これまでのブレーキ開発で培った技術やノウハウを生かし、独自製品「AD型ディスクブレーキ」の構造を大幅に見直すなど40年ぶりに新製品を作り出した。2019年から量産する。

 新構造ブレーキキャリパーは電気自動車(EV)など電動化への対応や、軽自動車や産業機械など幅広い分野での採用を見据える。

 構造の見直しで剛性を高め、同時にアルミニウム部材も多く使えるようにした。最大約3割軽量化できる。新構造でブレーキパッドの偏摩耗を既存製品に比べ5分の1程度に低減でき、ブレーキの安定感も高められる。

日刊工業新聞2018年6月14日

明 豊

明 豊
06月14日
この記事のファシリテーター

アイシングループも昨年、トヨタの新設計思想に合わせたディスクブレーキを開発している。ブレーキ関連もこれから自動車部品業界での再編の目玉か。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

PRmore

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。