扉を開けると自動で録画する宅配ボックス

ポラスなど4社が戸建て向けに共同開発

  • 1
  • 0
左右170度、上下105度の広角カメラで撮影する
 ポラスグループ(埼玉県越谷市、中内晃次郎代表、048・989・9111)は異業種3社と共同で、扉を開けると自動で録画する宅配ボックスを開発した。戸建て住宅向けでは国内初という。防犯面と利便性をアピールして売り出す。価格は17万9000円(消費税抜き)。

 宅配ボックスのナスタ(東京都港区)、インターホン販売などをするアイホン、電設資材商社の因幡電機産業と共同開発した。宅配ボックスのサイズは奥行き33センチ×横13センチ×高さ44センチメートル。

 インターホンと宅配ボックスが連動する仕組みで、宅配ボックスの扉が開くと屋外のインターホン子機が自動で録画を開始し、室内の親機で外の様子を確認できる。左右170度、上下105度の広角カメラで撮影する。

 インターホンと宅配ボックスを別々に設置するのではなく、各社の既存商品を一体とすることでコストを抑えた。

 ポラスグループが埼玉県三郷市で展開する「ママトコ三郷中央」など分譲住宅176戸で採用し、同社のリフォーム事業でも展開する。

日刊工業新聞2018年5月24日

COMMENT

葭本隆太
デジタルメディア局DX編集部
ニュースイッチ編集長

共働きの増加などで戸建て向けの宅配ボックス需要が高まっています。ただ、18万円という価格は既存住宅への導入では少し躊躇するかもしれません。

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる