スポーツで関西を元気に!イニエスタも来るかも!!

関西経済同友会が提言まとめる

 関西経済同友会は7日、2021年までに関西と東京で開かれる世界的なスポーツ大会をテコに、企業の健康経営と働き方改革、スポーツツーリズムの振興につなげる提言をまとめたと発表した。関西が会場となるラグビーの19年ワールドカップ(W杯)と21年ワールドマスターズゲームズ(WMG)、さらに20年の東京五輪・パラリンピックを加えた3大スポーツ大会を機に、関西の稼ぐ力と健康寿命を引き上げる。

 提言はスポーツ大会に観光を組み合わせたり、企業に従業員が休暇を取りやすくするよう促したりして、地域経済底上げや健康増進につなげる基盤づくりが重要とした。政府データによると、関西は健康寿命や何らかのスポーツを実践する「スポーツ行動者」の割合が、他の地域などと比べ低く、深掘りする余地が大きいと分析した。

 関西は歴史や文化などの観光資源に恵まれる分、スポーツツーリズムへの戦略的な取り組みが遅れている点を指摘。一方、企業に企業対抗のスポーツ大会への参加や、出張授業に企業スポーツ選手の活用などを求めた。

日刊工業新聞2018年5月8日

斉藤 陽一

斉藤 陽一
05月12日
この記事のファシリテーター

 ウエアラブル端末に着目すると、関西には繊維系企業も多いので、産業界と地域が連携して市民の日々の運動や健康維持に同端末を活用する実証実験などが行われるとさらに盛り上がりそうですね。
 そして急きょ、すごいニュースが飛び込んできました。Jリーグ・ヴィッセル神戸がバルセロナのイニエスタの獲得に乗り出して、可能性が出ているというもの。もし実現すれば神戸や関西への経済効果はとても大きく、しかもイニエスタの華麗なプレーだけで日本全体も幸福・元気にしてくれるでしょう。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。