民間航空機エンジンの修理・整備工場、IHIが国内に新設へ

瑞穂工場で「PW1100G―JM」のMROを手がける

 IHIは瑞穂工場(東京都瑞穂町)に、民間航空機エンジンの修理・整備(MRO)工場を新設し、9月に稼働する。投資額は20億―30億円。新棟では欧エアバスの「A320ネオ」に搭載する「PW1100G―JM」エンジンのMROを手がける。同エンジンは2020年に720台以上の出荷を計画。出荷増とともにMRO需要も拡大し、IHIは18年度に約100台(17年度は約15台)のMROを見込む。旺盛な需要を取り込むには、新工場の整備が不可欠と判断した。

 新棟は瑞穂工場内の空き地に建設する。建屋面積は約4000平方メートル。IHIは17年からPW1100G―JMのMRO事業を開始し、足元では既存建屋の一部を活用している。来年度に100台のMROを実施する計画で、整備能力が不足していた。整備の人員も製造機能の停止を計画する愛知工場(愛知県知多市)から約60人を移す。

 MROはエンジンの分解・洗浄・検査・修理・組み立て・運転試験などの工程があり、整備に必要な機器や治工具といった設備を設置する。整備後のエンジンを試運転するテストセルも17年6月に、PW1100G―JM向けに改造済み。今回の新棟建設で受け入れ態勢が整う。

日刊工業新聞2018年4月4日

長塚 崇寛

長塚 崇寛
04月09日
この記事のファシリテーター

PW1100G―JMは米プラット・アンド・ホイットニー、日本航空機エンジン協会、独MTUエアロ・エンジンズが共同開発した。日本勢ではIHIのほか、川崎重工業や三菱重工業が部品製造に参画。川重や三菱重工も同エンジンのMRO事業に参入する見通しだ。同エンジンが搭載されるA320ネオは、整備機能を保有しない格安航空会社(LCC)も採用しており、大きな整備需要が見込まれる。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

PRmore

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。