産後うつ兆候研究に妊婦用スマート衣料

東洋紡が開発

 東洋紡は東北大学の研究グループなどと共同で妊婦用スマート衣料を開発した。東洋紡のフィルム状導電素材「COCOMI」などを活用して生体情報を取得し、「産後鬱(うつ)」の兆候を予測する研究に活用する。同衣料を用いて得られたデータを基に症状の早期発見に役立てる。

 同衣料は、東北大学東北メディカル・メガバンク機構(ToMMo)の富田博秋教授のグループとユニオンツール、東洋紡との共同開発。自然な着心地で生体情報を取得することが可能で、妊婦にとって着脱しやすいデザインにした。

 COCOMIは伸縮性のある薄い素材で、身体の動きにも追従できる。

日刊工業新聞2018年1月10日

明 豊

明 豊
01月11日
この記事のファシリテーター

東洋紡とユニオンツールは2017年にCOCOMIを使った居眠り運転検知システムを共同開発している。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

PRmore

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。