2017年、最も読まれた鉄道関連の記事は以外にも…?

2017年に読まれた記事ランキング【鉄道編】

  • 0
  • 0
 リニア、北陸新幹線の全線開通の工事が進む2017年。12月に入り車両事故のニュースも相次いだ。今年読まれた鉄道の記事を振り返る。

第5位 東京ー大阪、「新幹線」と「飛行機」あなたはどっち派?
東京ー大阪間の大動脈、東海道新幹線

 東京―大阪間を移動する時、新幹線と飛行機のどちらを使われるだろうか。実時間でも費用でも決定的な差はない。8割が新幹線を選んでいるそうだが、駅・空港のどちらが目的地に近いかで決める人も多いようだ。

2017年07月21日



第4位 新幹線「グリーン車」がJRの収益を押し上げた!
 JR7社の2017年4―9月期連結決算が出そろい、東日本、東海、西日本の本州3社は景気の回復や観光需要の増加を背景に売上高、当期利益が過去最高を更新した。

2017年11月11日



第3位 山陽新幹線「こだま」が最大38分短縮

   

 JR西日本は山陽新幹線の新大阪―博多駅間で、新しい自動列車制御装置(ATC)の使用を始めた。従来、段階的に行っていたブレーキ制御を1度で行い、滑らかな減速ができる。スムーズな減速により乗り心地が向上する。

2017年03月08日



第2位 「大分―松山」38分、九州・四国新幹線の可能性
 大分県の佐賀関半島と愛媛県の佐田岬半島を結ぶ海峡横断ルートを豊予(ほうよ)海峡ルートと呼ぶ。既存の関西―中国―九州を結ぶルートに続く、新たな国土軸になり得るものだ。昨年度大分市は調査機関に調査を依頼し、概算事業費や経済的な効果を明らかにした。このルートは日本全体の発展に寄与するもので、国のプロジェクトとして推進していただきたいと考えている。

2017年09月18日



第1位 新幹線の車輪加工でシェア100%の工作機械メーカーはなぜ倒産した?
ホンマの超大型機

 ホンマ・マシナリーは、1946年2月に創業した老舗の大型工作機械メーカーだ。取り扱う専用機やターニング機は1台2億―3億円と大型が主流で、日本が世界に誇る新幹線の車輪加工用の工作機械は同社製品がシェア100%だ。国内・海外の大手製鉄所や船舶、原発関連業界などに営業基盤を確立し、92年4月期に売上高約35億1300万円を計上した。

2017年08月02日

ニュースイッチオリジナル

COMMENT

昆梓紗
デジタルメディア局DX編集部
記者

新幹線に関する記事が並ぶ中、1位は意外にも新幹線部品下降メーカーの倒産記事でした。ニュースイッチでは鉄道の車両から点検、沿線、鉄道会社の経営などさまざまな角度から記事を提供してきました。

関連する記事はこちら

特集