2017年、働き方はどう変わった?

2017年に読まれた記事ランキング【ビジネス編】

  • 0
  • 0
 「働き方改革」「プレミアムフライデー」「副業」など、仕事をとりまく環境が変化してきた2017年。ビジネス全般に関する記事ランキングを見てみよう。

第5位 パワハラと違う“クラッシャー上司”、その厄介な存在
  

過剰な労働や命令などで部下をつぶす「クラッシャー上司」に関する本を1月に出したところ、「所属する会社でも起きている」と多くの人々から反響があった。日本各地でクラッシャー上司による被害が相次いでいる。

2017年03月27日



第4位 「定時退社」の違和感
 

「××社が定時退社制度を導入」―。大手広告代理店の事件の影響と思われる話を、あちこちで聞くようになった。霞が関の中央省庁では毎週水曜日の夕方に決まった音楽が流れ、職員が一斉に退庁する。

2017年01月19日



第3位 このまま「プレミアムフライデー」は消えゆくのか?
      

30日は官民が連携して進める消費喚起策「プレミアムフライデー」の5回目となる。2月に初めて実施した時は経済団体が中心となって、イベントなどを仕掛けて盛り上げた。だが、4カ月たった現在、話題に上ることも少なくなっている。本来の目的である消費喚起や働き方の見直しも、十分に進んでいるとはいえない。

2017年06月27日



第2位 伸びているベンチャーで必要な人、いてはいけない人
 

ベンチャー企業、スタートアップと呼ばれる、創業間もない小さな会社は、上手くいくか上手くいかないか常にギリギリのところで事業を行っている。そのように事業の成長を模索する中で、企業にとって欠かせないのが、一緒に働いてくれる仲間でありメンバーだ。

2017年06月11日



第1位 うつ病になったSEを農家に預けると、なぜか1年後には元気に
 

農業IoT(モノのインターネット)がもてはやされている。国の第5期科学技術基本計画がソサエティー5・0という「超スマート社会」の実現を掲げ、ロボット、人工知能(AI)など、先端産業から農業に応用しやすそうな分野予算の威勢がよいからである。

2017年09月04日

ニュースイッチオリジナル

COMMENT

昆梓紗
デジタルメディア局
記者・編集者

定時退社や時短勤務、産休育休などの制度改革が行われた企業も多かったのではないでしょうか。働き方だけでなく、「セクハラ」「パワハラ」などのワードも引き続き世間を賑わせています。

関連する記事はこちら

特集