目は確かだった工作機械受注の数字、11月は単月最高額

12月19日配信記事 「多くが目を疑った工作機械受注の数字」を受けて

  • 0
  • 6
今年は10年ぶりに年間受注額が過去最高を更新するだろう
 日本工作機械工業会(日工会)が12月19日発表した11月の工作機械受注実績(確報値)は、前年同月比46・8%増の1584億9600万円で12カ月連続のプラスだった。全体額と、スマートフォン(スマホ)関連の大口受注があった中国が最高額を記録。年間では12月が1103億円以上になれば、10年ぶりに過去最高を更新する。

 内需の増加は10カ月連続だ。金型を含む一般機械、半導体製造装置などの電気・精密、自動車といった主要業種が伸びた。外需は12カ月連続の増加。中国は同2・7倍の412億700万円で、うちスマホ関連が200億円規模あったようだ。

 11月は初の1500億円台に乗り、「エポックメーキングな月」(石丸雍二日工会専務理事)になった。スマホ特需を除いても健全水準の1000億円を大きく上回る1400億円規模。スマホ関連に偏らず幅広い産業分野で設備投資の動きが広がり、「拡大局面に入った」(同)と潮目が変わった。

 2017年はすでに3年ぶりの前年比増が確定し、1兆6000億円前後に達しそうだ。18年はこの基調が続く見通しだが、急拡大の後に縮小する傾向がある業界だけに「3月までは好調が続きそうだ」(同)と慎重に先行きをみている。

多くが目を疑った工作機械受注の数字

日刊工業新聞2017年12月20日

COMMENT

六笠友和
編集局経済部
編集委員

「多くが目を疑った工作機械受注の数字」の記事は、暫定値である速報値がベースです。その後、確報値が発表され、11月の受注額が正式に決まりました。今回はこの確報値に基づく記事です。 日工会の石丸専務理事が「エポックメイキング」だとのコメントを出されました。確かに受注額の大きさには驚きです。同時に、この受注の背景にある中国の経済の巨大さや生活水準の一段の向上、日本などの高齢化社会・少子高齢化(これは省人化や自動化のための設備需要を生んでいます)、世界の自動車の環境規制といった、製造業の転換点を鮮明にしているように思います。

関連する記事はこちら

特集