JR東、世界初の新幹線工事車両を特別公開

新幹線のレールを効率交換

  • 1
  • 0
新幹線工事用車両「REXS」によるレール取り卸しデモに見入る来場者ら
 鉄道記念日である14日、JR東日本の大宮支社は世界初の新幹線工事車両「新幹線レール交換システム」(愛称「REXS」〈レックス〉)を鷲宮保守基地(埼玉県久喜市)で特別公開した。車両は12両編成で、レールの運搬・積卸・交換・溶接を安全かつ効率的に一つのシステムでできる。2月から行われている大宮支社管内(大宮―新白河)のレールを約8年間かけほぼ全て交換する。

 ロボットのようにスムーズに動くアームがデモ用のレールを上手につかみ、軽々持ち上げると、会場では大きな歓声とカメラのシャッター音が鳴り響いた。

日刊工業新聞2017年10月16日

COMMENT

昆梓紗
デジタルメディア局DX編集部
記者

大迫力の工事の様子をぜひ動画で。

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる