みんなが勇姿を待っている!MRJ展示施設、11月オープンへ

10月末から予約受付

 三菱航空機が開発を進めるリージョナルジェット機「MRJ」の展示施設が、11月30日にオープンする。名古屋空港(小牧)に隣接する最終組立工場に設置する。見学には事前予約が必要で、10月末から受け付ける。

 展示施設「MRJミュージアム」は最終組立工場の5階に新設する展示室で、広さ約1150平方メートル。展示室にはMRJの胴体やエンジンなど実物大模型を設置し、技術開発や生産に関する技術を紹介する。また2階では、実機の製造作業を見学できる。

 技術開発では、実物大の客室などを展示。MRJに搭載する、低燃費や低騒音を特長とする米プラット・アンド・ホイットニー製のギヤード・ターボファン・エンジン(GTFエンジン)「PurePower PW1200G」など、先端技術を紹介する。

 生産に関する展示では、IT(情報技術)を活用した仮想体験や、実機と同様の部材や素材に触れることで、品質管理を学習する。

 開館時間は午前10時から午後5時40分までで、最終入館は午後4時10分。毎週火曜が休館で、祝日やゴールデンウイーク、お盆期間は開館する。年末年始は休館となる。

 MRJの最終組立工場は、2016年3月1日に建屋が竣工。愛知県の飛島工場で製造する胴体や主翼、三重県の松坂工場が手掛ける垂直尾翼や水平尾翼などを結合し、機体として完成させる。生産レートは月産10機に対応する。

吉川 忠行

吉川 忠行
10月09日
この記事のファシリテーター

MRJミュージアムが11月30日にオープン。予約制で、10月末から受付開始。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。