三菱日立PSが74インチ最終段動翼、原発用蒸気タービンに採用

コンパクトな発電設備の設計可能に

  • 1
  • 7
世界最長級の74インチ最終段動翼を搭載したタービン
 三菱日立パワーシステムズ(MHPS)は、原子力発電所向け蒸気タービンに採用する世界最長級の74インチ(1880ミリメートル)最終段動翼を完成した。74インチ動翼は、同社が他社に先駆けて開発を始めた。今回、最後の確認試験項目である回転振動試験を完了。これまで最長だった54インチ(1375ミリメートル)最終段動翼に加え、蒸気タービンのラインアップを拡充する。

 回転振動試験は、実物大の試験ローターに74インチ動翼を組み込み、実際の運転回転数で回転させて翼の振動特性を確認する試験。動翼が計画通りの振動特性を備え、安全に運転できることを確認した。

 74インチ動翼を採用した蒸気タービンは、世界で主流の電気出力120万キロワット級原子力発電所に加え、150万キロワット以上の大容量原子力発電所にも適用できる。

 74インチタービンを120万キロワット級原子力発電所に適用する場合、54インチタービンに比べて翼長が増大するため発電量が高まる。

 発電所の立地環境によっては、タービン車室数を3車室から2車室に減らせ、コンパクトな発電設備の設計可能になる。

日刊工業新聞2017年9月18日

COMMENT

明豊
執行役員 DX担当
デジタルメディア局長

それでどこの原発設備に採用されるの?三菱日立PSは火力の合弁会社なので原発事業を手がける三菱重工か日立製作所に納入する形なのだろうか。

関連する記事はこちら

特集