夢がなきゃ起業しちゃダメなの?若手ビジネスリーダーが語り合う、人と仕事の出会い方

【前編】トイトマ・山中×54・山口

山中氏(左)と山口氏

 「将来の夢は何ですか?」「どんな仕事をしたいですか」「なりたい自分はどんな人ですか?」・・・。これまでの人生の中で、作文の課題や就職活動などで、こんな問いかけを何度もされたことがきっと誰にでもあるはず。でも、正直、答えるのがつらくなかったですか?何となく、答えたり書いたりしたけど、本当にこんなこと思っていたっけな?とどこか納得いかなかったりしたことありますよね。  ところが、「夢もビジョンもない」どころか、「自分が好きなことを選んだわけではなく、こんな生活から抜け出さないと!」と追い詰められての果てに起業した人もいます。トイトマ(東京都中央区)の代表取締役会長の山中哲男氏(左)です。今や大手企業や官公庁から大型プロジェクトを任される注目の若手起業家なのですが、「夢を持たないことに苦しんできた」そうです。日米を股にかけた一見行き当たりばったりのような遍歴の末、たどりついた成功の秘けつは「”人”を基準に仕事を選び、または仕事を生み出し、目の前の仕事に小さなマイルストーンをおきながら一生懸命1つひとつやりきること」。当たり前のような結論ですが、このシンプルな考えに至るまでにはさまざまな試行錯誤がありました。山中さんと長年交流がある54(ごうよん、東京都品川区)の山口豪志社長(右)を聞き手に、新しい働き方をテーマに話をうかがいました。(取材・執筆 狐塚真子) 山中哲男(やまなか・てつお)さん  トイトマ 会長/ヒューマンライフコード 社外取締役  高校卒業後大手電機メーカーに就職する。約1年間後、自ら多くの実務を経験できることから飲食店を開業することを決意し起業。07年、米国ハワイ州にてコンサルティング会社を設立しCEOに就任。約5年後、全ての株式を売却。08年、株式会社インプレス(現:トイトマ)を設立し、社長に就任。15ワールド・アライアンス・フォーラム事務局長。国際U3A(AIUTA)及びアジア・太平洋地区合同会議2016実行委員。 山口豪志(やまぐち・ごうし)さん  54 社長  2006年クックパッド入社。広告マーケティング事業で09年同社IPOにトップセールスにて貢献。12年3人目の社員としてランサーズに参画、ビジネス開発部長、社長室広報を歴任。15年に54を創業。17年にプロトスターに参画。  山口 夢や大きな目標を持ったりするなど、生活や働く中でこれまで良しとされてきた指針が昨今では大きなプレッシャーになって、逆に苦しむ人が増えています。山中さんもこのことに苦しんできたそうですね。  山中 小さい時から「ああなりたい」、「これがやりたい」というパッションがなかったんです。大人になってからも「将来どこを目指しますか?」、「将来どうなりたいですか?」と聞かれることがありますが、やはり答えられません。夢を持たないといけないということに常に苦しんできたし、そのたびに誰かの真似事を言って、なんとかごまかしてきました。  特にそれに苦しめられたのは就職活動のときです。僕が生まれ育った兵庫県加古川市は”工場の街”ということもあり、特に何も考えず、高校卒業後は工場に就職しました。けれどもルーティンワークは自分に合わなかった。1年も経たないうちに辞めてしまいました。そこから今度は転職活動が始まりますが、転職活動でもやはり「なぜうちで働きたいの?」と聞かれます。自分の言葉では答えられないので、その会社のホームページを参考にそれっぽい理由を作って答えていたのですが、会社の人にも見抜かれてしまい、転職活動は上手くいきませんでした。  それからは日雇いバイトでなんとか食いつなぐ日々を送りました。とりあえず生きるために働くわけですが、全く楽しくありません。「こんな生活から何とか抜け出さないと」と思い詰めて、20歳のときに思い切って起業しました。  5年間は飲食店の経営をしていましたが、この際も「人軸」を大切にしながら取り組んことが成果を出すことに貢献したと思います。最初に飲食店経営が素人な僕が行ったのはこれから僕のお店で働くメンバーに、今務めているお店の店長を紹介してもらうことでした。店長はどんな人かを聞いていると魅力的な人が多く、是非紹介して欲しいと伝え、会いました。その理由としては店長であれば食材の仕入れ先から、ゴミ捨て業者、メニューづくりまで全部を知っていると思ったことと、自分にとって相性の良い人(採用するメンバー)が自信をもって紹介してくれる人はきっと仲良くなれると思ったからです。彼らは素直にわからないことを告げると優しく教えてくれました。そのおかげで、居抜きからスタートしたお店で、足りないものが多々ある状態に対して、改善点を指摘して頂いたり、仕入れ先からシフト表まで事細かくアドバイスをもらいました。それどころか、オープンしてからずっと通ってくれ、いつしか心強い応援団になってくれていました。  他にも、食事やお酒のメニューを来店されたお客様とお話をしながら、取り入れて欲しいものを聞きまわっていました。反応が悪く冷ややかな対応をする方もいましたが、多くの人は面白がって様々な意見をくれました。僕はその意見を積極的に取り入れ、意気投合したお客様の新メニューの意見を即採用して、「いついつまでのメニューに入れるのでまた来てください」と言いました。すると9割以上の方は再度来店してくれました。このように、相性を見極めて、合うと感じた人には境界線をこえてざっくばらんに話をしてみる。すると、高確率で何か次に繋がっていく。その何かを目的化しないことが大事だと考えています。  その後の5年間はハワイで日本企業の海外進出のコンサルティングを行っていました。コンサルティング業界未経験の僕に信用や説得力はなく、飲食時代に貯めたお金をあっという間に使いきってしまいました。けれども、約1年が経過した頃には、ハワイで出店したい人のニーズや不安な点をかなり理解でき、仕事を得ることができるようになりました。結果として会社はM&Aで売却することができ、それなりの成功を収めることはできたのですが、仕事に対して情熱はやはり持てなかったし、「自分は何者であるか」という疑問も生まれました。成功すれば、やりたいことが見えてくるかと思っていましたが、何も変わりません。  夢もビジョンもない、かといって自分が好きなことを選択しているわけでもない。では一体自分の意思決定の基準は何なのかと、これまで自分が関わった仕事を一度振り返ってみたんです。  山口 山中さんがこれまでに取り組まれてきた仕事のジャンルはバラバラですよね。幼稚園の運営から、大手アパレルメーカー、不動産に国の仕事まで。  山中 最近では大手電機メーカーとの合弁会社の社長を任されたりしています。長らくコンサルティングやプロデュース業に専念していたのですが、最近では再生医療関連のベンチャーで、昨年末の東京都が後援する「東京ベンチャー企業選手権大会 2019」において最優秀賞を受賞したヒューマンライフコード(東京都千代田区)の立ち上げフェーズから関わり、現在は同社の社外取締役を引き受けています。  色々な仕事をやるたびに、周囲から 「何をしている人なのか分からない」と言われるようになりました(笑)。でも仕事内容としてはオーナーさんの想いを形にして、メーンターゲットの人に届けていくための「事業戦略」を練ることであったり、「0→1」の「事業開発」の2パターンなんです。一言でいうと、常に事業創造をしています。これらの仕事は、高卒でメンターや起業家仲間もおらず、自分自身と向き合い、起こった現象に対して向き合い、常に選択肢を見出しながら、チャレンジを続けてきた僕だからこそ役立てる仕事だと思います。  山口 一つの事象に対して、色んな角度で考えることで、沢山の選択肢を出せるようになったという事ですね。  山中 そうですね。だから、オーナーさんが「これをやりたい」というビジョンを持っていれば、自分はそれを客観的に見て「こんなことできますよね」と精度の高い選択肢を出すことができます。例えば、医療の仕事を受けたとしても、自分が医療の専門家である必要はなくて、並走するパートナーとして選択肢の入り口を見つけてあげられたら、それはプロジェクトとして十分動いていくんです。そこで、ジャンルを問わず様々な仕事を引き受けていくようになりました。  ただ、オーナーさんのビジョンに共感できることはあっても、自分自身がワクワクしているという気持ちが続かない場合もあって…。 結局のところ、自分が仕事を引き受けている基準は「人」だったということに気づきました。  例えば、自分のスキルが10段階のうち、5だとします。そのときにモチベーションが1だとしたら、パフォーマンスはきっと1しか出ません。しかし、その反対で、「この人のために頑張ろう」という思いがあれば、パフォーマンスは5以上になると思うんです。だからこそ、ビジョンの共感よりも、人への共感や相性の良い場合のほうがコミットメントできると思っています。  アメリカで仕事をしていた際は「この人嫌だな」と思いつつ、仕事を進めたこともありましたが、ストレスがかかり、さらにそのせいで自分のパフォーマンスも下がってしまいました。その経験もあって、家庭の事情で日本に帰ってきてからは、「自分と相性の良い人としか仕事をしない」と決めました。  「人との相性」については、企業の人材採用でも活かせると思います。多くの企業はスキル採用だと思いますが、例えば営業を得意としている人を採用したとしても、「このフェーズで営業は必要ないな」という場面が来たら、その人の居場所はなくなってしまいます。でも「この人と仕事をやりたい」と思える人なら、どんな仕事でも任せてしまうと思います。これから大手企業の事業が分散化していって、中小企業化が進んでいくと言われていますが、チームが小さくなればなるほど、人との相性は大事になってくるはずです。  山口 人との相性の良し悪しはいつ分かるのですか?  山中 インスピレーションと縁で分かると思っています。僕の場合は、自分と相手の双方が互いに意見を気兼ねなく言い合える関係になれる方とは相性が良く、継続的に関係を構築できる大きな要因ではと考えています。他の言い方に変えると『雑談がいくらでもできる相手』ということです。日本での仕事上での繋がりの人は、本当にビジネスの話しかしないケースが多く、仕事モードでの相手しか知らなかったりします。でも、自分も相手も1人の人間と考えると、人となりを双方で知ることはとても大切ではないでしょうか。もっと話をしたいか、また会いたいか、の指標は数値化されず、インスピレーションの世界だと思います。  また、知り合って間もない段階で興味や関心が薄くても、縁があると自然と何度も再会する場合があります。その接点の回数も加味して、距離が縮まり、関係が構築されることもあるはずです。結局は似たような価値感がある、居心地の良さ、など深い縁を感じるかどうかが繋がりを生み出し、そして双方が尊重できる部分をもつことで深みや広がりはどんどん増します。相性というのは、頭で思考して見極めることではなく、そのときの感性や余韻など感じたままに行動し、振り返ると結果的に何か相性良いよね、となっているものだと思います。  自分と相性の良い方を選んで、かつ依頼された仕事はきっちりやり切っているからこそ、関係構築ができているので、一度一緒に仕事をしたことがある人からは、困っている知り合いがいるので紹介させてほしいという依頼が沢山来ます。  例えば、アメリカから日本に帰ってきた後のことですが、神奈川県横須賀市にある保育園の経営を依頼されたことがありました。正直、仕事の規模が小さかったので引き受けるかどうか迷っていたのですが、園を経営する社長とは相性も良く、会うたびに良い意味で巻き込まれている自分がいました。結局引き受けたのですが、保育園の規模拡大に成功すると、別の展開がありました。その保育園には、防衛省で働かれている親御さんがいらっしゃったのですが、「防衛省内に保育所を作ろうと2年間トライしていたけれど、全く進展が無い」と社長に相談してきたそうです。すると社長は「経営戦略を練っているのは彼だから」と、防衛省の方を紹介されました。  いざ防衛省のプロジェクトに関わってみると、保育園を運営するにあたっての応募条件が厳しすぎたことがわかりました。なので、説明会にたくさん来るけど、誰も応募しない状況でした。条件を再定義する必要があると考えました。例えば夜勤をする自衛官のための24時間運営などです。そこで毎日は無理でも、夜勤する人のシフトを見直してもらい、24時間運営の日数を減らすなど、条件を緩和した結果、運営は軌道に乗り、現在では自衛隊の基地内に沢山の保育園ができています。  この他にも、会社や組織の中だけで取り組んでいたことを、自分がハブになって外部の人と連携させることで、成功したこともあります。  例えば、僕はある飲食店の事業戦略を担当していたのですが、その社長が国土交通省の方にある問題について相談を受けていたところ、「戦略は彼に任せているから、詳しいことは彼に聞いてくれ」と引き合わせられました。国交省が抱えていた問題は、「学校や市役所などの公的不動産を民間に売却するためにはどうしたらよいか」という内容で、まずは各自治体が活用できる手引書なる、ガイドラインを作るところから始めようと思ったのですが、進めていく中で土地を管理している国交省と不動産を管理している総務省が連携できていないことが分かりました。  山口 「何がどこの管轄下にあるか」といった事実は、当事者たちは分かっていても、他の省庁の方や民間の我々は分かりませんよね。  山中 公的不動産を活用して地方創生を進めようという動きは、国交省以外でもみられたものの、それぞれの省が別々に動いていたんです。この現状を知ってからは、「官民連携推進Lab(ラボ)」というものを防衛省、環境省の友人と3人で立ち上げました。官僚たちの課題感を共有してもらい、官と官、官と民を繋ぎ合わせていくものです。2年前に始めましたが、今では12省庁から200人ほどが集まるような大きな組織になりました。  山口 自分では仕事の幅がここまで広がったのはなぜだと考えていますか。  山中 広げようと思っていたわけではなく、全て結果的に広がっていっただけなんです。ただ、このときに大事なのは「目の前の人にコミットメントして、やり切る」ということです。コミットメントできると、現場の課題など、よりリアルな世界が見えてくるので、自分の体験として語ることができます。別の仕事に取り組んだときにも、過去の体験として共有できます。「こういう問題があるらしいよ」という人から聞いた情報では誰も動いてくれません。リアルな体験を語ることができれば、たとえ夢がなくても、人を巻き込むことができるはずです。ただ、仕事に対しての熱量を長い期間保つのは難しいですから、小さなマイルストーンを投げて、「短い期間のうちにやり切る」というやり方が良いです。  山口 夢がなくても良いのだと自己肯定ができるようになったのはなぜでしょうか?  山中 心理的安全性を保つことができるようになったからだと思います。ある特定のポジションにつく、などでも安心感を抱けますが、様々なことに取り組む僕の場合だったら、何かあったときに一緒に動いてくれる仲間が沢山いるというのが何より安心につながります。  山口 仕事や人生における夢や目的がなくても、山中さんはまるで”わらしべ長者”のように、小さな一つの仕事が国のプロジェクトまで繋がっていきましたね。 「大きな仕事をやりたい!」と思っている人は沢山いると思いますが、そういう方々と山中さんの違いは何でしょうか。  山中 今ある環境が今の自分にとってベストなので、今手元にある仕事、手が届く仕事を一生懸命やることにはこだわっています。結局は、塵積って山となるので、最後までやり切れば、結果としても信頼関係を築くことができるし、誠実にやれば過程でも関係を築くことはできます。時間を共有し、関係を構築することで今度はその人が自分を他の人に紹介してくれる、という流れが生まれます。今ある環境の中でベストを尽くせない人は大きい事業でベストを尽くせるはずがないです。

続きを読む

特集