ローマ教皇が乗った「マツダ3」

24日に広島平和記念公園(広島市中区)を訪問したフランシスコ・ローマ教皇。広島での移動に使われたマツダの小型車「マツダ3」が、カトリック幟町教会(同)で報道陣に公開された。 教皇が使ったのはマツダ3のセダンタイプで、車体色は紺色に近い「ディープクリスタルブルーマイカ」、排気量1500ccガソリンエンジン搭載車。通常の法人仕様車に、旗を立てるポールと、ナンバーホルダーの2点を取り付けた。 先方からの依頼を受けてマツダが2台を寄贈した。華美を嫌う教皇の意向もあり、小型のマツダ3が選ばれたという。今後はカトリック広島司教区の公用車として用いられる。

続きを読む

関連する記事はこちら

特集