北海道電と石狩市の「再生エネで地域連携協定」が画期的な理由

北海道電力と北海道石狩市は、再生可能エネルギー発電事業に関し、地域連携協定を締結した。再エネの開発促進に向けた協力体制の構築や、再エネを利用した地域の低炭素化、再エネ技術を有する産業の育成などを検討する。石狩市は石狩湾新港地域の一部で、電力需要の100%を再エネでの供給を目指すエリアを設定。再エネ資源を活用できる仕組みの構築や産業集積化などに取り組んでいる。再エネ発電の開発主体は道外資本が多く、地域内での資金循環が担保されていないほか、再エネ電力を地域で活用する仕組みが整っていないなどの課題があった。

続きを読む

関連する記事はこちら

特集