20年ぶりに全面改良する次期「ジムニ-」、生産工場を移管

湖西工場に量産専用ラインを新設

 スズキは2018年に20年ぶりに全面改良する軽四輪駆動車「ジムニー」の生産工場を現在の磐田工場(静岡県磐田市)から湖西工場(同湖西市)に移管することを決めた。湖西工場に専用ラインを新設し、同年5月に量産開始する計画。新型ジムニーの生産効率化と、国内工場全体の生産性の向上が狙い。  ジムニーは、はしご状フレームに車体を載せるラダーフレーム構造を採用しているため、他の軽自動車との混流生産は難しい。全面改良でフレームなどを一新するのを機に、湖西に新設するコンパクトで少量生産に適した専用ラインでの生産に切り替える。  16年3月末に湖西工場の3本の軽自動車組み立てラインのうち1本を休止しており、このスペースを活用する。一方、磐田は現在、スポーツ多目的車(SUV)ラインと軽商用車ラインの2ライン体制。うちSUVラインは「エスクード」の新型の生産をハンガリー工場に集約しており、ジムニー移管後の生産車種は輸出向けの旧型エスクードのみとなる。当面は現ラインを維持し、将来の方向性を検討する。  スズキの国内4輪工場は湖西、磐田、相良の3工場体制。相良に小型車、湖西に軽自動車の生産を集約するなど、国内工場の再編を進めておりジムニーの移管もこの一環。

続きを読む

関連する記事はこちら

特集