自分が考えたのか、AIが考えたのか区別できなくなる時代が来る?

大阪大学・石黒浩教授インタビュー

 著名人や自身のアンドロイドなどを開発し、さまざまな実験を行い世間を驚かせてきた大阪大学の石黒浩教授。そのオリジナリティあふれる着想と思考を図式化し、誰もが理解しやすいように普遍的に落とし込んだ著書『人間とロボットの法則』(日刊工業新聞社)が発売された。  本の内容をベースに、人間とAI、ロボットの関わりと今後について伺った。  ―2014年にはタレントのマツコ・デラックスさんをもとにした「マツコロイド」を開発し、日本テレビの「マツコとマツコ」という番組を通してたくさんの実験を行ってきました。に、「マツコロイドに人格が宿っていた」という話を聞き、気になっていました。  「初めマツコロイドはモノとして扱われていたが、半年間番組を進めていく中でだんだんと“人格”のようなものができてきた。それはマツコさんと切り離されたものではなく、マツコさんの“双子”のような感覚。マツコロイドではものまね芸人のホリさんが声をあてていたのだが、かといってホリさんそのものでもない。マツコさんもマツコロイドを気にかけ、世話を焼くようになっていた」  「番組最終回の終了時、マツコロイドの電源を切るシーンではスタジオがお葬式のような不思議な雰囲気になり、スタッフ全員が泣きそうになっていた。それだけ思い入れが強くなっていたんだろうね。もう一度やりたいとみんなが言っていた」  ―マツコロイド以外にもアンドロイドに人格が宿ることはあったのでしょうか。  「一瞬はある。『ジェミノイドF』という遠隔操作型のロボットで、アンドロイドを使った演劇を上演していたことがあった。ひとりの役者がFの操作を担当していたのだが、ある時、Fのモデルになった女性と、Fを操作していた役者が初めて対面することになった。そこで役者はなんて言ったと思う?『目の前に私がいる』。その役者は毎日Fを操作していて、Fが自分の身体のように感じてしまっていた。だからこの発言が出たんだろう。アンドロイドの“独立した人格"ではないが、結構面白い現象だった。周りのスタッフたちにとってもFはひとりの女優だったようだ」  ―アンドロイドの人格は周囲の人間が作り出していくという側面がありそうです。人間も人格形成は周囲の環境が作っていきますが、人格形成の段階は同じようにも感じますね。  「大して変わらないと思う。人間は周りを見てどういうふるまいをするか決めるし、嫌われないようにする。人間もアイデンティティを求めつつ、ある一定の階級(クラス)に入っていないと安心できないということがある。ただし全く同じは嫌だと思う。だからこそ、服装や持ち物などで差異を生もうとするね」  ―石黒先生は本の中で「身体を機械化したり形を自由に変えたりできるようになってくると、最終的には無機物化し個は情報の流れになる」というようなことを書いています。そうなってきたときに「個」の差を生むものは何になるのでしょう。  「知能の差。どれだけオリジナルなことを考えられるかがすべて。そもそも動物と人間の違いは知能だから。創造する、想像することが動物との唯一の違い」  ―それでも、脳さえ機械化できるようになってくると、知能の差もなくなるのでしょうか。  「脳にチップを埋め込んだりするようになると、その問題も出てくるだろう。現に今みんなが持っているスマートフォンもすでに脳の一部になっているのではないだろうか。この前学生に『やにばしる』という言葉があるかどうか考えて、といったところ、全員がスマホを取り出してgoogleで検索しだした。脳で考えて分からなくなったことはスマホで調べる、というのが当たり前になっている現在、脳とスマホが切り離せなくなっている」  「これが進んで行って、脳にチップが埋め込まれて、脳で考えて分からないことはチップとスマホが通信してAIが調べてくれるようになるかもしれない。わからないことはすぐにスマホで調べる、という行為は、現在すでに恥ずかしいものではなくなってきている。つまり、自分の脳ではない外部メモリを使うことにもはや抵抗がないといえる。まだ若干抵抗があるとすれば、それは、手を使ってスマホを操作し、調べる、ということ。もし手を使わずに直接外部メモリを使って調べられるようになったら、それは、調べた結果だ。というだろうか?自分が考えた結果との区別はもはやつかないはずだ。また、インターネットで調べた結果がすべてだと思い、自分で考える、ということをしなくなるだろう」  「しかし、そうなった場合、脳とAIチップのどちらに“自分の意識"は宿るだろうか?今はもちろん脳に意識が宿る、と考えるが、例えば自分にはわからない難しい話を聞かなければならなくなったら、自分の脳は使わずチップを使うだろう。その時意識はチップにあるといえるのではないか」  ―そうなってくると、自分の行動は誰が意識した結果なのか、というのがあいまいになっていきますね。  「例えば目の前の人間を殴った時、AIが殴ったほうがいいと指令を出したので殴った、という言い分が出てくるかもしれない。その場合AIに責任は追及できるのだろうか?責任問題は非常に難しく、犯罪者認定も難しくなっていくだろう。“思っただけ”で罰されるようになってくるかもしれない」  ―脳にAIチップが埋め込まれてインターネットとつながるようになったら、「自分」を見失いそうです。  「“自分”を形作っているのは経験と記憶。思い返して、自分はこうだった、という後付けで形づけられていく。“自分探し”についても何段階かあって、“私”は誰?と考えた時、さまざまな人と関わることで他者に映し出された自分の断片を集め、自分はこれかもしれない、と気付くことになる。そして、私はこうなりたい、と思うようになる」  「そうなるとはじめはむやみやたらに集めていた断片を理想に合うように集め、“私”を形作っていく。これはFacebookに似ているかなとも思う。Facebookを見ると、ほぼその人の人格が特定できるんだよね。そして最終的には“私”が見つかって安心する。しかし“私”を探すのをやめた途端、“私”が見えなくなる。社会も自分も変化しているので。つまり“私”は探し続けなければいけないもの、ということ。しかしAIチップが脳に埋め込まれたら、チップによって簡単に記憶を後付されるようになるかもしれない。面白い問題だ」 <次のページ:自分がアンドロイドになるとはどういう感覚か>  ―石黒先生は自身のアンドロイドを開発し、各地で講演活動も行っています。自分がアンドロイドになるとはどういうことなのでしょうか。  「いろいろな所へ行って講演しているが、単純に経験が2倍になる。アンドロイドが講演すると、参加者からメールをもらう。そうすると後付けで、講演したんだな、と思え自分の経験になる。講演費は研究への寄付という形でもらうが、自分が講演に行くより高いときもあるくらい」  ―スカイプやテレビ電話で講演することもできますが、アンドロイドが講演することとの違いは。  「全然違う。存在感があり、アンドロイドがしゃべるということで、周囲も人間がいることと同じ感覚になる」  ―身体が機械化されていっても、身体が持つ「存在感」というのは消えないんですね。  「周りが身体にしばられている限りは消えないだろう。だがパラリンピックなどを見ていると変わってきていることを感じる。陸上競技などでは、義足の選手の方がオリンピックより良いタイムを出すようになってきている。これからそういう競技が増えるかもしれないし、そうなるとものすごく世界観が変わるのではないだろうか。ただ全員が機械の体になり、全員がオリンピックで金メダルを取れるようになれば意味はなくなる。まだ人間が身体性にとらわれている段階では“機械の身体”は意味を持つだろう」  ―最近では新たなコンセプトのロボットを開発されました。  「『機械人間オルタ』は今までとは違うコンセプトをもとに作ったロボット。人工生命のプログラムと機械制御で、機械でも生命性を持つことができるかという実験となっている」  ―ここでいう「生命性」とは何でしょうか。  「例えばロボットとハムスターがいるとする。ハムスターの首をちょんと切るのは嫌だなと思うが、ロボットの首を切ってもハムスターの時と同じくらい嫌とは感じないだろう。僕らの目標は、ロボットはハムスターと同じくらいの生命性に近づくか、ということ。本にも書いたが、『食べられるロボット』も開発中だ。“新鮮でおいしい"というものと、“生々しくて気持ち悪い、食べられない"というものの境界は何なのかを調べようとしている」  ―ロボットやAIの文脈で、「人間とは何か」という哲学的な問題が語られることが増えてきたように思います。  「研究にはボーダーがないので、新しいコンセプトを考える必要のある“研究者”としては哲学などより根本的な問題を考えていく必要がある。ロボットやAIの研究者や学生たちの意識も変わってきていると思う。世界中から講演に呼ばれることが増えているのもその理由の1つだろうね」 (聞き手:ニュースイッチ編集部 昆梓紗) (石黒浩 著、日刊工業新聞社)

続きを読む

関連する記事はこちら

特集