好調続く工作機械受注、ウクライナ危機の影響は?

内・外需、好調持続

  • 0
  • 1

日本工作機械工業会(日工会)が発表した2月の工作機械受注額(速報値)は、前年同月比31・6%増の1389億9800万円で16カ月連続の増加となった。内需、外需ともに好調を持続し、好不調の目安とされる1000億円を13カ月連続で上回った。2月は例年、中国の春節休暇の影響を受けるが、日工会は「比較的高い水準」(調査企画部)との認識を示した。

内需は同60・4%増の488億5900万円で、12カ月連続の増加。前月比も10・6%増だった。通常は年度末の3月を見据えて2月は1月よりも下がる傾向にあることからも、「国内で需要はそこそこ動いている」(同)とみられる。

外需は前年同月比20・0%増の901億3900万円で16カ月連続の増加。前月比は8・7%減と2カ月ぶりの減少となったものの、2カ月連続で900億円を上回った。

ウクライナ危機の影響について、日工会では「欧州向け需要の一部が先送りされるなどの影響が3、4月ごろに出てくる可能性はある」(同)と指摘する。


【関連記事】 VWやホンダが新しいクルマ作りで必ず頼りにする機械メーカー

日刊工業新聞2022年3月10日

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる