デンソーが農建機用発電機事業を中国企業に譲渡の狙い

  • 0
  • 4

デンソーは、農建機用発電機(オルタネーター)事業を中国の自動車部品メーカー、成都華川電装に譲渡する。譲渡完了時期は今後詰める。譲渡額は非公表。同製品はピーク時に年1000万台だった生産規模が、現在は10分の1の同100万台に縮小した。成熟事業を切り出し電動化や環境、安心といった成長領域への投資を加速する。

同事業の開発、生産、販売の一連の機能を譲渡する。一部の余剰設備以外、工場や生産設備といった資産の移管はないという。事業譲渡後に技術支援などを実施するが、人員の異動も行わない。自動車用オルタネーター事業はデンソーに残す。

成都華川はオルタネーターやスターターなどの車部品を手がける。デンソーは1996年に同社と技術援助契約を結び、技術指導や部品供給などを行ってきた。


【関連記事】 デンソーも注目、熱源を操り省エネを実現する愛知の実力企業

日刊工業新聞2022年1月20日

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる