伊藤忠が中国製EV用部品を欧州で販売する狙い

  • 1
  • 2
伊藤忠が販売するEV商用車向けモーター

伊藤忠商事は欧州や東南アジアで中国製電気自動車(EV)の部品販売を2022年度から本格的に始める。中国国内で物流分野のEVリース事業を手がける中国・地上鉄租車と協力し、価格競争力のある複数の部品をEVベンチャーに販売する。現在、欧州の一部ベンチャーと商談を進めており、22年度から本格展開する計画。

伊藤忠商事がEV部品を海外に向けて本格的に取り扱うのは初めて。売上目標は非開示だが、現在商談が進んでいるベンチャーは年間1000台規模の車両生産を見込む。

車両総重量3トン、積載重量1トンクラスの市内配送向け商用車の部品として、電池やモーター、エアーコンプレッサーなど7種類の部品をまとめて販売する。全部品を合わせると車両コストの約7割を占めるという。

地上鉄は高品質の部品を集中購買し、中国のEVメーカーに市内配送に適したトラックやバンを製造させている。伊藤忠は地上鉄のネットワークや知見を活用し中国のサプライヤー5社から部品を調達する。

欧州を中心にEV需要は拡大しているが、高額な部品が普及のネックになっている。伊藤忠は低価格を訴求し市場を開拓する。将来的にはEV商用車そのものの販売も検討する。

オンラインセミナーのご案内

ニュースイッチでは、オンラインイベント「失敗パターンから学ぶ 製造業AI導入のカギ 〜AIプロジェクトのリベンジを目指して〜」を開催します。
本セミナーでは、特集「AIは幻想かー導入現場のリアル」の執筆を手がけた、AI開発スタートアップLaboro.AIの代表取締役CTO 藤原弘将氏が、製造業の代表的なAI導入ケースである異常検出、需要予測、故障予知、安全管理、工程スケジューリングをテーマに取り上げ、それぞれのアンチパターンを紹介し、AI導入プロジェクトを成功に導くためのヒントを提供します。

2021/10/20(水) 14:00 ~ 15:30
<<申し込みはこちらから>>
参加料:¥7,700(税込)
申し込み締切 2021年10月19日(火)12:00

【連載】AIは幻想か―導入現場のリアル

日刊工業新聞2021年10月15日

関連する記事はこちら

特集